免許取得後の初心者が注意すべきポイント

合宿免許で運転免許取得することができました。いよいよ運転です。はじめての方々が、こんな時何を注意しなければならないか、ガッツリアドバイスしましょう。

まず、合宿免許卒業して、運転免許取得出来たことに感動して、あまりハメを外さないようにしましょうね。

運転免許取得ならムーチョがおすすめ

運転時は状況に応じた判断が必要

合宿免許を卒業して、運転免許取得!という方々は、当たり前のことですがこのようなことをしっかり意識してくださいね。

運転時は状況に応じた判断が必要です。まさに運転免許取得すれば、いままでとは行動範囲も全然違ってくるでしょう。

しかし、運転免許取得とりたてという方々は、ちょっとしたミステイクで、交通事故を起こす可能性が充分にあります。

では、実際に道路で運転するのは、教習所で運転するのとは違うということなのでしょうか。

合宿での運転免許取得で勉強した運転とは、基本技能というべきものです。

プラスα路上ではいろいろハプニングにも見舞われてしまうでしょう。

教習所で経験しないことにも遭遇してしまう可能性が非常にあります。そのようなとき、しっかり対応出来るためにフレキシィブルなスキルが問われることになります。

ハプニングと言えば、パニックになってしまいそうですが、はじめて運転免許取得という方々でも落ち着いて対処すれば大丈夫です。

はじめて運転するのが不安という方々が多いから、初心運転者期間というものも設定されてある訳ですし。

初心運転者期間とは

では、はじめての方々のための初心運転者期間とはなんなのでしょうか。

初心運転者期間は、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許、また普通免許を取得したあと、免停期間を除く1年間の期間のことです。

まさに交通事故を起こしやすい人たちのためのものであり、初心運転者期間中に違反を犯すと、取り締まりを受けた免許だけが加点対象となります。

普通自動車免許の初心運転者期間中の人たちが、普通二輪で1点、普通自動車で2点、合計3点の違反しても、普通自動車免許には2点だけの加点ということです。

合計点数が3点以上となってしまった場合には、(回の違反で3点に達するときはその限りではなく、2回目取り締まりを受けたとき)はじめての方々は、「初心運転者講習」を受講する必要があります。

もう一度、しっかりなんで加点されてしまったのか、反省して正しい運転と向きあってください。

はじめての方々が起こしやすい交通事故は、追突事故や、夜間事故、カーブ時の正面衝突・工作物追突事故です。

関連記事