免許更新の際の講習について

運転免許証更新のときの講習について気になっている方々が多いのではないでしょうか。運転免許証更新は、単に行って更新手続きを踏めばいいといいうことではなく、講習を受ける必要があるからある程度時間もかかってしまい面倒くさい作業だというのは事実です。

でも、運転するため必要な作業ならやっぱり会社を休んでまでしなければならないでしょう。

今回運転免許証更新の講習について触れておきましょう。

免許合宿選びはムーチョで

運転免許証更新の講習って何?

運転免許証更新の講習では、交通事故の実例、交通マナーや危険予知などがコンパクトにまとまったビデオを見たり、講義を聞くという流れです。

運転免許証更新の講習は、更新時の年齢、免許の継続年数、また違反、事故歴のありなしと言ったものによって、時間と内容に違いがあります。

講習には、「優良運転者講習」・「一般運転者講習」・「違反運転者講習」・「初回更新者講習」と言った区分分けがあります。

優良運転者講習(優良講習)

合宿での運転免許取得をして、いつまでも優良運転者講習(優良講習)でありたいものです。 そのためにも安全運転を心がけるようにしていただきたいですね。

優良運転者講習の方々は、 道路交通法の変更点、法令に関する講義
、ビデオでの最近の交通事情の解説、交通安全の注意喚起という流れで、講義があります。そのような人たちは、敢えて細かい注意喚起もなく、だいたい30分程度でし終わりです。

優良運転者講習を受けた方々は、 ゴールド免許を受け取ることができます。

一般運転者講習(準優良講習)の受講者

一般運転者講習(準優良講習)の受講者の方々は、 優良講習のプラスα、運転者のレベルの向上・安全運転に必要なノウハウなどの講義があります。

道路交通法の変更や法令に対しての講義、ビデオで最近の交通事情解説及び交通安全の注意喚起、また、 運転する時の心構え、義務などに対しての講義などがあります。

だいたいこのような方々は、講義の時間は一時間です。

違反運転者講習(通常講習)

合宿で運転免許取得して、いい加減な運転を繰り返す人たちは、違反運転者講習(通常講習)ということになってしまうのではないでしょうか。この講習で、今までして来た運転テクニックについておおいに反省していただきたいですね。

講義においては、道路交通法の変更点や法令に関しての講義、ビデオでの最近の交通事情解説、交通安全の注意喚起があり、更に最近の交通事故傾向についての講義、そして、交通事故を起こしてしまった時の対処法についてしっかり学び、交通事故を未然に防ぐための安全確認やら、危険箇所の把握に関する講義やらがあり、時間は2時間です。

また初回という方々も、2時間の講義があります。